コラム

思い出を、"思い返す時間"を楽しむ。

思い出を、

一昔の大工といえば、地域の中心となって街づくりに取り組み、
家はもちろん、"人と人とのつながり"まで築き上げる存在でした。
私たちはその意志を引き継ぎ、
芦葉工藝舎のギャラリーで定期的にイベントを開催しています。
地元の方々をお招きして、地域交流の場をつくってきました。

最近、特に人気なのが「スクラップブッキングアルバム講座」です。

スクラップブッキングアルバムとはアメリカ発祥の文化で、
ラッピング用紙やマスキングテープ、シールなど
たくさんの装飾品を使って写真を飾り付け、
世界にひとつのオリジナルアルバムを制作するというもの。

毎月、たくさんの親子が参加してそれぞれの写真を持ち寄り、
撮った瞬間の会話や感情、風景を思い返しながら、
一つひとつ飾り付けて一冊のアルバムをつくりあげています。

DSC01364.jpg

子どもと一緒に飾り付けを楽しみ、
写真を撮ったときの思い出話で盛り上がり、
みなさん同士で写真を見せ合って談笑し......
その様子を見ている私たちもつられて笑顔になるほど、
参加者のみなさんは楽しそうな表情を見せてくれます。

スマートフォンが普及して簡単に写真が撮れるようになり、
SNSを使えば撮った写真をその場で友達に共有できるようになりました。
その手軽さから、写真をわざわざプリントアウトして保存する人は、
ずいぶん減ったように感じています。

しかし、ここでつくったアルバムは、
ページをめくるたびに、"写真を撮ったとき"と、
"アルバムをつくったとき"両方の気分を味わうことができます。
きっと、画面上で見るのとはまた違った感情や会話が生まれることでしょう。

DSC01377.jpg

定期的に家族みんなで眺めたり、
子どもが大きくなったときに改めて見返してみるのもいいですね。
自宅の棚に飾っておけば、写真立てのようにいつでも楽しむことができます。

スプラップブッキングのアルバムは お母さんの愛情であり、
将来子どもたちにとって、お母さんからの最高のプレゼントとなります。

参加してみたいという方はぜひ、ギャラリーへ遊びに来てください。
アルバム制作自体はラッピング用紙やマスキングテープ、リボンなど、
簡単な装飾品があれば手作りできるので、
遠方の方や日程の都合が合わない方は、ご自宅でも挑戦してみてください。

DSC01382.jpg

記事リスト
"対話"ではじめる、大工の育成。
住む人の愛情で変化する「家の寿命」。
絵を飾る。それだけで暮らしが変わる。
住むほどに、価値が磨かれていく家。
技術を継承し、存在を伝え続けるために。
千年を超えて受け継がれてきた日本の「黄金比」。
思い出を活かし、想いを受け継ぐ。
「家は道具である」という視点
木の「個性」を見極める在来工法。
目には見えない心地よさ。"素材感"を磨き抜く。
私たちが積極的に考える"パッシブデザイン"。
家守として、地域のためにできること。
伝統の技が息づく「現代の和室」。
光を取り込む知恵と工夫。
あえて「子ども部屋」をつくらない理由。
コミュニケーションを育む「本棚」。
美しさの基準をつくる、パウダールーム。
「現代の家守」が手がけるリノベーションとは。
風を感じて、家をつくる。
キッチンは"つくる場"から"過ごす場"へ。
実用的に楽しむ、現代の土間。
花を飾る。季節と暮らす。
庭の景色と、家づくりの関係性。
家具から家を考える、ということ。
新年を迎えるかたち。
年末の大掃除と、日頃のお掃除の関係。
霜降の季節に寄せて・・・暖かな家づくりと、薪ストーブの話。
「上棟式」という特別な時間。
私たちが地鎮祭(じちんさい)を大切にする理由。
大工として神社の仕事に関わるということ。
幸手の桜・権現堂桜堤
「現代の家守り」を目指して。古くて新しい挑戦。
新ブランド『芦葉工藝舎』について