手しごとのコラム

45. 美しさや特徴を引き立てる、柾目のレッドシダー。

45. 美しさや特徴を引き立てる、柾目のレッドシダー。

ウッドデッキなどによく使われている、
「レッドシダー」という木材をご存じでしょうか。
主に北米地方などで見受けられる自然木で、
通称「米杉」といわれるヒノキ科の樹木です。

この米杉も日本を代表する秋田杉や屋久杉と同じく、
強い赤みが特徴で、木目が美しく耐久性が強いなど、
その希少性が個性豊かな空間を生み出してくれると、
近年、住宅業界で注目を集めています。

しかし、市場に出回っているレッドシダーの板材は
年輪の中心から逸れた部分を切り落とす板目(いため)のものが多く、
それらは、数年経つと収縮や反りが生じやすいという問題があります。
また、定期的にオイルを塗るといったメンテナンスが必要であるなど、
お客様にかかる負担が大きいという難点もありました。

190802.jpg

そこで私たちは、お客様の声に応え、尚且つより良い家をつくるため、
レッドシダーの原木を探し出すことからはじめたのです。

その理由は、柾目挽(まさめびき)のレッドシダーを集めるため。
柾目挽とは木の芯を避けて、中心付近から狙いを定めて製材をした板材のことで、
真っ直ぐで平行な木目模様の美しさと、
収縮や反りといった狂いがほとんどない頑丈さが特徴です。

ひとつの原木から柾目板を採取する際、
多くのロスが発生いたします。 
それでも、良い家をつくるためには柾目板が欠かせないと考え、
芦葉工藝舎では、選りすぐりのレッドシダーの原木を収集しています。

190802_1.jpg
※柾板のレッドシダー材で制作した外壁と玄関ドア

柾目のレッドシダーは私たちのコンセプトハウスにも使用しており、
メンテナンスをしやすいよう交換できる設計にするなど、
一つひとつの板材に工夫を凝らしています。

レッドシダーの色味を自分の目で確かめてみたい、
どんな風に使われるかを知りたいなどのご要望があれば、
ぜひ芦葉工藝舎までご連絡ください。
コンセプトハウスで実際に使用している現場を見学することも可能ですし、
私たちの方からも、樹木の特徴ついてしっかりとご説明いたします。

- 記事リスト
45. 美しさや特徴を引き立てる、柾目のレッドシダー。
44. 大工と人との関係を深める、「こども大工さん」。
43. 暮らす人の心に寄り添う、現代の「床の間」。
42. 日々触れる「建具」にこそ、一工夫を。
41. 地震大国で確立された「木組み」の技術。
40. 家と一緒に、季節を楽しむ。
39. 「和紙」の魅力、「壁紙職人」の腕。
38. 百年先まで続く価値を持つ「欅」の魅力。
37. 大工たちが"一番"に望むこと。
36. 家という"物"を大切に扱うために。
35. 人と大工の関係性が、郷土愛を育む。
34. "対話"ではじめる、大工の育成。
33. 思い出を、"思い返す時間"を楽しむ。
32. 住む人の愛情で変化する「家の寿命」。
31. 絵を飾る。それだけで暮らしが変わる。
30. 住むほどに、価値が磨かれていく家。
29. 技術を継承し、存在を伝え続けるために。
28. 千年を超えて受け継がれてきた日本の「黄金比」。
27. 思い出を活かし、想いを受け継ぐ。
26. 「家は道具である」という視点
25. 木の「個性」を見極める在来工法。
24. 目には見えない心地よさ。"素材感"を磨き抜く。
23. 私たちが積極的に考える"パッシブデザイン"。
22. 家守として、地域のためにできること。
21. 伝統の技が息づく「現代の和室」。
20. 光を取り込む知恵と工夫。
19. あえて「子ども部屋」をつくらない理由。
18. コミュニケーションを育む「本棚」。
17. 美しさの基準をつくる、パウダールーム。
16. 「現代の家守」が手がけるリノベーションとは。
15. 風を感じて、家をつくる。
14. キッチンは"つくる場"から"過ごす場"へ。
13. 実用的に楽しむ、現代の土間。
12. 花を飾る。季節と暮らす。
11. 庭の景色と、家づくりの関係性。
10. 家具から家を考える、ということ。
9. 新年を迎えるかたち。
8. 年末の大掃除と、日頃のお掃除の関係。
7. 霜降の季節に寄せて・・・暖かな家づくりと、薪ストーブの話。
6. 「上棟式」という特別な時間。
5. 私たちが地鎮祭(じちんさい)を大切にする理由。
4. 大工として神社の仕事に関わるということ。
3. 幸手の桜・権現堂桜堤
2. 「現代の家守り」を目指して。古くて新しい挑戦。
1. 新ブランド『芦葉工藝舎』について