コラム

家という"物"を大切に扱うために。

家という

物を大切に使い続けること。
それは、日本人が昔から大切にしてきた文化のひとつです。
しかし、物に対する考え方は、ここ何十年かで大きく変化してきました。

家財などを収納する蔵が当たり前に存在していた時代は、
「物の多さ」がその家の豊かさの象徴でもありました。
しかし、昭和の中頃からマンションや建売住宅が増えはじめ、
蔵のある家や、納戸、押し入れのような収納空間も減っていったのです。

現代では断捨離やシンプルライフといった言葉が広まり、
「物を厳選する」という考え方が浸透してきています。
その一方で、「物が多くてイメージ通りの暮らしができない」
「どこに何を収納すべきかわからない」という声を聞くことも少なくありません。

0010.JPG

そんな声に応えるため、先日あるお客様宅で行ったのが「収納のアドバイス」。
プロの収納アドバイザーを招き、お客様とも相談しながら、
その家の「物の在り方」を一つひとつ見直していったのです。

不要な物を捨て、本当に必要なものだけを厳選し、
日用品などの収納方法や配置場所も見直し、継続のアドバイスをしたところ、
その後の生活が心地良く、理想的になったという声をいただきました。

IMG_0507.jpg

物は、愛着や思い出があるものほど残してしまいがちですが、
それらを収納する「家」も、大切に扱うべき物のひとつ。
その家に適した物の量を把握し、厳選する習慣をつくれば、
より長く、快適に住まい続けることができます。

家を建てること、修繕することに加え、
日々の暮らしを共に考えることも、家守としての役割。
今後は、こうしたアドバイスを継続できるようサービス化も検討中です。

「設計時に考えていた暮らしがうまく実現できない」
「せっかく理想の家を建てたのに、収納の仕方がわからない」
などとお悩みのお客様は、ぜひお気軽にご相談ください。

記事リスト
大工たちが"一番"に望むこと。
人と大工の関係性が、郷土愛を育む。
"対話"ではじめる、大工の育成。
思い出を、"思い返す時間"を楽しむ。
住む人の愛情で変化する「家の寿命」。
絵を飾る。それだけで暮らしが変わる。
住むほどに、価値が磨かれていく家。
技術を継承し、存在を伝え続けるために。
千年を超えて受け継がれてきた日本の「黄金比」。
思い出を活かし、想いを受け継ぐ。
「家は道具である」という視点
木の「個性」を見極める在来工法。
目には見えない心地よさ。"素材感"を磨き抜く。
私たちが積極的に考える"パッシブデザイン"。
家守として、地域のためにできること。
伝統の技が息づく「現代の和室」。
光を取り込む知恵と工夫。
あえて「子ども部屋」をつくらない理由。
コミュニケーションを育む「本棚」。
美しさの基準をつくる、パウダールーム。
「現代の家守」が手がけるリノベーションとは。
風を感じて、家をつくる。
キッチンは"つくる場"から"過ごす場"へ。
実用的に楽しむ、現代の土間。
花を飾る。季節と暮らす。
庭の景色と、家づくりの関係性。
家具から家を考える、ということ。
新年を迎えるかたち。
年末の大掃除と、日頃のお掃除の関係。
霜降の季節に寄せて・・・暖かな家づくりと、薪ストーブの話。
「上棟式」という特別な時間。
私たちが地鎮祭(じちんさい)を大切にする理由。
大工として神社の仕事に関わるということ。
幸手の桜・権現堂桜堤
「現代の家守り」を目指して。古くて新しい挑戦。
新ブランド『芦葉工藝舎』について