コラム

「家は道具である」という視点

「家は道具である」という視点

家は、ただの建物ではなく、住む人が家族との時間を過ごす特別な存在です。
私たち芦葉工藝舎も住まいを提案していく側として、
その意識を忘れることはありません。

ただ一方で、もうひとつ、違った角度から家を考えることがあります。
それは「家は道具である」という視点。

家族とのコミュニケーションを増やしたい。
子どもたちの成長に合わせて緩やかに変化していく空間をつくりたい。
家事の負担を少しでも軽くしたい。

新しい家に求めること、新しい家で実現したいこと、
つまり、「家という道具」に求める用途や目的は住む人の数だけ存在します。

0100.JPG

だから、私たちは、その用途や目的を丹念に読み解き、
「住む人にとって、道具としての役割を果たせるのか?」
という問いかけの中で考え抜いています。

なぜなら、「道具として正しいか?」という視点に立つことで、
間取りも、使う素材も、建具のかたちも、
玄関の間口の広さも、キッチンの高さも、壁の色さえも、
明確な根拠をもってご提案ができるからです。
これもまた、家づくりに携わる技術者として、
お客様が想い描くライフスタイルの実現をお手伝いするプロとして、
忘れてはいけない意識だと考えています。

芦葉工藝舎では、この「家は道具である」という視点に基づいて、
厳選された住宅デザインの事例を紹介していく
オリジナル・フォトブック、『tools.(ツールズ)』を配布しています。

これから家づくりをご検討されているお客様にとって、
いろいろと参考にしていただける充実した内容になっています。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ・資料請求してみてください。

資料請求はこちら

img03.jpg

記事リスト
木の「個性」を見極める在来工法。
目には見えない心地よさ。"素材感"を磨き抜く。
私たちが積極的に考える"パッシブデザイン"。
家守として、地域のためにできること。
伝統の技が息づく「現代の和室」。
光を取り込む知恵と工夫。
あえて「子ども部屋」をつくらない理由。
コミュニケーションを育む「本棚」。
美しさの基準をつくる、パウダールーム。
「現代の家守」が手がけるリノベーションとは。
風を感じて、家をつくる。
キッチンは"つくる場"から"過ごす場"へ。
実用的に楽しむ、現代の土間。
花を飾る。季節と暮らす。
庭の景色と、家づくりの関係性。
家具から家を考える、ということ。
新年を迎えるかたち。
年末の大掃除と、日頃のお掃除の関係。
霜降の季節に寄せて・・・暖かな家づくりと、薪ストーブの話。
「上棟式」という特別な時間。
私たちが地鎮祭(じちんさい)を大切にする理由。
大工として神社の仕事に関わるということ。
幸手の桜・権現堂桜堤
「現代の家守り」を目指して。古くて新しい挑戦。
新ブランド『芦葉工藝舎』について