デザインをかたちにする、職人の技術

芦葉工藝舎は、職人の手で木材を仕上げていく「手刻み」という技術と、
伝統的な「在来工法」をつかった家づくりを続けてきました。

しかし、それは単なる職人の意地やこだわりではありません。
家づくりのプロとしてクオリティを追求し、選び抜いた方法。
それが「手刻み」と「在来工法」だったのです。

木は生き物です。同じ寸法で切られた建材であっても、
その木の個性や、現場の環境に合わせた細かな調整が必要不可欠となります。
図面上、どんなに素晴らしいデザインであっても、施工を手がける職人の経験と技がなければ、
家としてかたちをもつことはできません。

職人たちは、一棟一棟の図面と向き合い、素材と向き合い、現場と向き合いながら、
デザインを立体的につくり上げていきます。

「手刻み」も「在来工法」も、長年にわたって日本の気候風土の中で培われた技術です。
しかし、これらは決して古いものではありません。
芦葉工藝舎では、先人たちから受け継いだ知恵を現代に最適化させながら、
日々研究を重ね、さらに磨きをかけています。

ギャラリーで、現場で、そして完成した住まいで…
芦葉工藝舎の「職人の仕事」をお確かめいただければ幸いです。

  • カラム1
  • 1/2
  • 1/2
  • 1/2
  • 1/2
  • 1/3
  • 1/3
  • 1/3
  • 1/4
  • 1/4
  • 1/4
  • 1/4