手しごとのコラム

77.お客さまが「期待を寄せる現場」であり続けるために。

77.お客さまが「期待を寄せる現場」であり続けるために。

先代の大工棟梁は「現場こそが真実」として、
いわゆる営業的な活動を一切行っていませんでした。

一方、インターネットがここまで普及した社会を生きる私達は
時代の変化に置いて行かれないよう、さまざまな活動を始めました。
看板を出し、広告やパンフレットを制作し、自社サイトを立ち上げ、SNSを運用し......
これらの活動を通じて生まれたご縁は、数え切れないほどあります。

しかし、さまざまな活動を続ける中で気づかされた最も重要な事。
それこそが、先代と同じ「現場こそが真実」という真理だったのです。

202205250002.jpg

芦葉工藝舎は創業からずっと
「人間を磨くこと」「美しい現場を保つこと」を大切にしています。

現場やその周辺の掃除を毎日行い、地域の方が通りすがるたびに挨拶を交わし、
自分が持つ最高のクオリティを発揮して家を建てていく......
その家に住む人を想うのはもちろん、地域のみなさまにご迷惑をかけていないか、
現場での私達の態度は本当に気持ちが良いものかを常に考え、改善してきました。

そうやって数々の現場を経験するうちに、
少しずつ、着実に、地域のみなさまの関心や感心を集めるようになったのです。

「芦葉工藝舎さんはいつも元気がいいですね」
「大工さん、毎日お掃除ご苦労さま。良かったら差し入れをどうぞ」
「芦葉工藝舎と書かれた現場を見つけると、次はどんな家ができるのかと楽しみで」

220205250003.jpg

広告やサイト、SNSなどを通じてお問い合わせをいただくときも、
「いつも気持ちよく働いている大工さんが気になってサイトを検索しました」
「街で見かけたお家が理想に近かったのでパンフレットを取り寄せたくて」
「SNSで前から知っていたんですが、現場を見に行ったら予想よりも素敵で!」
と、現場を起点に興味を持ってくださったという声を聞くことが多々あります。

どんなに引き付ける広告を制作しても、どれだけ目立つ看板を出しても、
それに興味を持ってくれたお客さまが実際の現場や仕事ぶりを見て
「期待外れだった」と思われてしまっては、まったく意味がありません。

「現場こそが真実」。
それは、時代がどう変わっても、ずっと変わらない私達の価値。
芦葉工藝舎はこれからも、
お客さまの期待に応える現場を提供できるよう努力を続けてまいります。

- 記事リスト
78.その家が最も美しく写る瞬間を見極める、写真家の腕。
77.お客さまが「期待を寄せる現場」であり続けるために。
76.地域に馴染み、人々で賑わう「テナント」を生み出すために。
75.住まいの清潔を守る、玄関の手洗いスペース。
74.リアルな現場の姿にこそ、芦葉工藝舎の価値がある。
73.街の景色をつくりかえる。コンセプトハウスという挑戦。
72.家中をやわらかな暖でつつみこむ、「薪ストーブ」。
71.現代の暮らしに必要な条件が叶う「平屋」の家。
70.空に想いを馳せながら過ごす。「月見台」のある家。
69.お客さまの声から伝わる、家守と住む人の関係性。
68.家の中へ風を招き、涼を感じる「簀戸」の魅力。
67.空間の美しさを引き立てる、「照明」へのこだわり。
66.家の美しさを引き立てる、ある「作庭家」の話。
65.木材を、余すことなく、家と地域に還元していく。
64.棟梁は、完成後もずっと、お客さまと関わっていく。
63.真の美しさを求めるには、まず自らの仕事場から。
62.街の新しい景色をつくる。2棟目のコンセプトハウス
61.現場での行動が、地域の風景になる瞬間。
60.相手への思いやりが、成長をつくる。
59.土間を活かして、暮らしを満喫する。
58.アウトドアリビングで、日常に新鮮さを。
57.仕事をする空間を、暮らしの中に創って行く。
56.庭から生まれる、暮らしの価値。街の景色。
55.これからも、地域の場であり続けるために。
54.「育てる」ことで気づく、己の成長。
53.家に対する愛着を、のこして、新しく。
52.日本人が慣れ親しんだ、やわらかな灯り。
51. 120年前の大工が込めた想いを紐解く。
50.手づくりのコラム 50回掲載の節目によせて
49.「ギャラリー」は、地域の人たちの交流地点。
48.木と共に経年変化していく、「革細工の引手」。
47.地域工務店が生み出す、出会いの場、地域の輪。
46. 「豊かな住まい方」を提案するコンセプトハウス
45. 美しさや特徴を引き立てる、柾目のレッドシダー。
44. 大工と人との関係を深める、「こども大工さん」。
43. 暮らす人の心に寄り添う、現代の「床の間」。
42. 日々触れる「建具」にこそ、一工夫を。
41. 地震大国で確立された「木組み」の技術。
40. 家と一緒に、季節を楽しむ。
39. 「和紙」の魅力、「壁紙職人」の腕。
38. 百年先まで続く価値を持つ「欅」の魅力。
37. 大工たちが"一番"に望むこと。
36. 家という"物"を大切に扱うために。
35. 人と大工の関係性が、郷土愛を育む。
34. "対話"ではじめる、大工の育成。
33. 思い出を、"思い返す時間"を楽しむ。
32. 住む人の愛情で変化する「家の寿命」。
31. 絵を飾る。それだけで暮らしが変わる。
30. 住むほどに、価値が磨かれていく家。
29. 技術を継承し、存在を伝え続けるために。
28. 千年を超えて受け継がれてきた日本の「黄金比」。
27. 思い出を活かし、想いを受け継ぐ。
26. 「家は道具である」という視点
25. 木の「個性」を見極める在来工法。
24. 目には見えない心地よさ。"素材感"を磨き抜く。
23. 私たちが積極的に考える"パッシブデザイン"。
22. 家守として、地域のためにできること。
21. 伝統の技が息づく「現代の和室」。
20. 光を取り込む知恵と工夫。
19. あえて「子ども部屋」をつくらない理由。
18. コミュニケーションを育む「本棚」。
17. 美しさの基準をつくる、パウダールーム。
16. 「現代の家守」が手がけるリノベーションとは。
15. 風を感じて、家をつくる。
14. キッチンは"つくる場"から"過ごす場"へ。
13. 実用的に楽しむ、現代の土間。
12. 花を飾る。季節と暮らす。
11. 庭の景色と、家づくりの関係性。
10. 家具から家を考える、ということ。
9. 新年を迎えるかたち。
8. 年末の大掃除と、日頃のお掃除の関係。
7. 霜降の季節に寄せて・・・暖かな家づくりと、薪ストーブの話。
6. 「上棟式」という特別な時間。
5. 私たちが地鎮祭(じちんさい)を大切にする理由。
4. 大工として神社の仕事に関わるということ。
3. 幸手の桜・権現堂桜堤
2. 「現代の家守り」を目指して。古くて新しい挑戦。
1. 新ブランド『芦葉工藝舎』について