コラム

"対話"ではじめる、大工の育成。

立春が過ぎ、春一番の報せを受け、
少しずつ春の訪れを感じるようになりました。
春と言えば、"新たな出会い"の季節。
芦葉工藝舎でも、二人の新人大工の入社が決まっています。

私たちは新たに大工を迎える際、
工具の名前や使い方、仕事の進め方といった
知識や技術を教えるよりも先に、必ず行うことがあります。

それは、2年目、5年目、10年目など、
さまざまな経歴を持つ社員たちと対話し、
仕事のやりがいや、これまでの経験、
見据えている夢や希望などに触れる機会をつくること。

DSCN0236.jpg

お客様からいただいた言葉や、
家づくりの間に起きたエピソードなどを知ることで、
"働くことで得られる感動"や
"芦葉工藝舎の価値観"を感じてもらうと同時に、
自分の"生き方"を考えるきっかけになればと考えています。

仕事や職業を選ぶ際、収入面や時間帯を重視する人がいれば、
楽しさや満足度を大事にする人もいるでしょう。
そして、"ひとつの分野を極めるプロフェッショナル"を目指す人がいれば、
"多様な知識や技術を持つオールラウンダー"を志す人もいます。

理想の働き方や仕事のやり方は、人や、企業によってもさまざま。
"大工"という職種ひとつとっても、その価値観は千差万別です。

015.jpg

その中で、芦葉工藝舎では何を価値だと捉え、
大工たちは何をやりがいだと思いながら働き、
どんな瞬間に成長を感じるのかを知ることで、
現場で働くイメージを持ってもらい、
自分の目指したい将来を探るきっかけにしてもらいたいと考えています。

数ある工務店の中から芦葉工藝舎を選び、
地元を離れてまで働く決意をしてくれた二人の若者たち。
彼らが大工として、そして、社会人として成長し、
それぞれの夢を叶えられるよう、しっかりと育てていきたいと思います。

大工として最初の一歩を踏み出し、
一通りの基礎知識を学ぶための期間は、3年。
その後も、立派に"家守"を名乗れるようになるまで、
私たちがじっくりと育てていきます。
彼らの成長をぜひ、楽しみに待っていてください。

記事リスト
家という"物"を大切に扱うために。
人と大工の関係性が、郷土愛を育む。
思い出を、"思い返す時間"を楽しむ。
住む人の愛情で変化する「家の寿命」。
絵を飾る。それだけで暮らしが変わる。
住むほどに、価値が磨かれていく家。
技術を継承し、存在を伝え続けるために。
千年を超えて受け継がれてきた日本の「黄金比」。
思い出を活かし、想いを受け継ぐ。
「家は道具である」という視点
木の「個性」を見極める在来工法。
目には見えない心地よさ。"素材感"を磨き抜く。
私たちが積極的に考える"パッシブデザイン"。
家守として、地域のためにできること。
伝統の技が息づく「現代の和室」。
光を取り込む知恵と工夫。
あえて「子ども部屋」をつくらない理由。
コミュニケーションを育む「本棚」。
美しさの基準をつくる、パウダールーム。
「現代の家守」が手がけるリノベーションとは。
風を感じて、家をつくる。
キッチンは"つくる場"から"過ごす場"へ。
実用的に楽しむ、現代の土間。
花を飾る。季節と暮らす。
庭の景色と、家づくりの関係性。
家具から家を考える、ということ。
新年を迎えるかたち。
年末の大掃除と、日頃のお掃除の関係。
霜降の季節に寄せて・・・暖かな家づくりと、薪ストーブの話。
「上棟式」という特別な時間。
私たちが地鎮祭(じちんさい)を大切にする理由。
大工として神社の仕事に関わるということ。
幸手の桜・権現堂桜堤
「現代の家守り」を目指して。古くて新しい挑戦。
新ブランド『芦葉工藝舎』について