手しごとのコラム

12. 花を飾る。季節と暮らす。

12. 花を飾る。季節と暮らす。

「花を飾る」というと、フラワーアレンジメントや生け花のように、
何か特別な知識が必要なイメージがあって、
身構えてしまう方もいるかも知れません。
もちろん、そういった分野を学ぶことも、
暮らしを豊かにするひとつの方法ではありますが、
今回はもっと気軽なスタンスで生活の中に彩りや季節感を取り込んでいく。
そんなお話をしてみたいと思います。

私たちが家を建てる仕事をしている立場から、花の魅力を語るとするなら、
やはり「色」の話は外すことができません。
芦葉工藝舎の家は、無垢材や白壁などを基調としたナチュラルなカラーが基本。
これは、様々なテイスト・カラーのインテリアを柔軟に受け止めるためです。

色を楽しむという点では、シーズン毎にカーテンを変えることが、
最近よく聞かれる方法ですが、花はカーテンよりもっと気軽に、
短いスパンで色の変化が楽しめるアイテムだと言えます。

もちろん、今の時代、花屋さんに行けば、
いつでも好きな花が手に入ります。
でも、せっかくなら季節感を感じられる方が
楽しさも増すのではないでしょうか。

庭で育てた花や、散歩中に土手で出会った野草を摘み、
空き瓶や、使い古した食器にそっと飾ってみる。
そんな、簡単なことからはじめるだけで、
家の雰囲気や、季節の感じ方が変わってくるはずです。

R0051380.JPG

また、花を飾ろうという気持ちは、そこに住む家族や、
訪ねてくるお客様の視線を意識することへもつながります。

玄関の下駄箱の上に。カウンターキッチンの片隅に。
リビングのテーブルの上に。トイレの窓辺に・・・

それぞれの場所で、どんな時間が流れるかをイメージすると、
花の選び方や飾り方にも、自分なりのこだわりや工夫が生まれてきて、
楽しさが大きく広がって行きます。

R0051381.JPG

特に野の花は、同じ種類でも、咲いている場所やその年の気候によって、
実に豊かな個性と変化を見せてくれます。
こうした気づきと出会えることも、ちょっとした楽しみにつながっていきます。

「花を飾る」ということは、「季節と暮らす」ということ。
まずは難しく考えず、身近な草花に目を向けて、
花のある生活を楽しんでみてはいかがでしょうか。

- 記事リスト
47.地域工務店が生み出す、出会いの場、地域の輪。
46. 「豊かな住まい方」を提案するコンセプトハウス
45. 美しさや特徴を引き立てる、柾目のレッドシダー。
44. 大工と人との関係を深める、「こども大工さん」。
43. 暮らす人の心に寄り添う、現代の「床の間」。
42. 日々触れる「建具」にこそ、一工夫を。
41. 地震大国で確立された「木組み」の技術。
40. 家と一緒に、季節を楽しむ。
39. 「和紙」の魅力、「壁紙職人」の腕。
38. 百年先まで続く価値を持つ「欅」の魅力。
37. 大工たちが"一番"に望むこと。
36. 家という"物"を大切に扱うために。
35. 人と大工の関係性が、郷土愛を育む。
34. "対話"ではじめる、大工の育成。
33. 思い出を、"思い返す時間"を楽しむ。
32. 住む人の愛情で変化する「家の寿命」。
31. 絵を飾る。それだけで暮らしが変わる。
30. 住むほどに、価値が磨かれていく家。
29. 技術を継承し、存在を伝え続けるために。
28. 千年を超えて受け継がれてきた日本の「黄金比」。
27. 思い出を活かし、想いを受け継ぐ。
26. 「家は道具である」という視点
25. 木の「個性」を見極める在来工法。
24. 目には見えない心地よさ。"素材感"を磨き抜く。
23. 私たちが積極的に考える"パッシブデザイン"。
22. 家守として、地域のためにできること。
21. 伝統の技が息づく「現代の和室」。
20. 光を取り込む知恵と工夫。
19. あえて「子ども部屋」をつくらない理由。
18. コミュニケーションを育む「本棚」。
17. 美しさの基準をつくる、パウダールーム。
16. 「現代の家守」が手がけるリノベーションとは。
15. 風を感じて、家をつくる。
14. キッチンは"つくる場"から"過ごす場"へ。
13. 実用的に楽しむ、現代の土間。
12. 花を飾る。季節と暮らす。
11. 庭の景色と、家づくりの関係性。
10. 家具から家を考える、ということ。
9. 新年を迎えるかたち。
8. 年末の大掃除と、日頃のお掃除の関係。
7. 霜降の季節に寄せて・・・暖かな家づくりと、薪ストーブの話。
6. 「上棟式」という特別な時間。
5. 私たちが地鎮祭(じちんさい)を大切にする理由。
4. 大工として神社の仕事に関わるということ。
3. 幸手の桜・権現堂桜堤
2. 「現代の家守り」を目指して。古くて新しい挑戦。
1. 新ブランド『芦葉工藝舎』について